NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

歯周病・虫歯があるとインプラントできない?

■歯周病・虫歯があるとインプラントできない?

 

歯周病や虫歯にかかっている人は、歯科治療を受ける際にいろいろな制限がかかりそうで不安に感じていることが多いようです。とくにインプラントのような特殊な治療を受ける際には、歯周病や虫歯がどのように影響するのか知りたいものですよね。今回はそんな歯周病や虫歯がある場合のインプラント治療について詳しく解説します。

 

▼歯周病がある場合のインプラント治療

 

歯周病とインプラント治療には密接な関連があり、重症度によって対応も大きく変わります。

 

◎重度の歯周病があるとインプラントは難しい

 

インプラントの人工歯根は、顎の骨や歯茎によって支えられています。重症化した歯周病ではそうしたインプラントを支える組織を破壊していくことから、歯周病は“インプラントの天敵”と呼ばれているのです。それがインプラント治療を受ける前に重症化しているのであれば、人工歯根と顎の骨の結合が上手くいかないため、インプラント治療を行うこと自体難しくなります。

 

◎軽度から中等度の歯周病は事前の治療が大切

 

軽度から中等度の歯周病を患っている場合は、歯周病治療から始めることになります。歯周病の完治にまで至らなくても、病状が安定して炎症反応もなくなった状態ならインプラント治療が可能となります。ただし、歯周病リスクが高いことは目に見えているので、インプラント治療後の口腔ケアには細心の注意を払う必要が出てきます。

 

▼虫歯がある場合のインプラント治療

 

インプラントは、失った歯を補うための治療法なので、インプラントを埋め込む部分に虫歯がある状態は想定できません。虫歯になった歯根が残っているケースに関しては、間違いなく抜歯をすることになります。その後は、歯茎や骨の状態が落ち着いてからインプラント治療を開始します。

 

インプラントを埋め込む予定の両隣の歯に虫歯がある場合は、基本的にインプラントそのものとはあまり関係がありませんが、先に虫歯治療を終わらせておいた方が良いといえます。インプラントを埋め込んで上部構造を装着した後に虫歯治療を行うとなると、いろいろな面で処置が難しくなります。必要以上に歯を削らなければならなくなることも多く、事前に処置を終わらせてしまうことが望まれます。ちなみに、インプラントは歯冠から歯根まですべてが人工物で構成されているので、隣の歯に虫歯があったとしても感染が広がることはありません。

 

▼まとめ

 

今回は、歯周病や虫歯がある場合のインプラント治療について解説しました。歯周病は重症度によって対応が異なり、ケースによってはインプラント治療が適応できないこともありますのでご注意ください。今現在、歯周病の症状が認められるけれどインプラント治療を受けたいという方は、お気軽に「にこにこ歯科」までご相談ください。当院は香川県綾歌郡綾川町でインプラント治療の実績豊富な歯医者さんです。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識