NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

REASON 当院のインプラント治療が選ばれる理由

将来のリスクを軽減し、
口腔内全体を考慮した
インプラント治療計画

インプラント治療の成否の鍵は治療計画にあります。お口全体の状況を精査し、歯を失った原因を追究することで、他の歯を守り、お口の機能を維持・向上させやすいお口にするためのインプラント治療計画を立てることができます。また、お口全体のバランスを考えた治療計画を立てることで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を作り、将来他の歯を失うリスクを軽減することが可能です。ただ単に抜けてしまった歯の代わりとしてインプラントを利用するだけでなく、総合的な診断を行い、治療計画を立てることで、インプラントの利点を活かすことができます。

歯科用CTなど高度設備を導入

当院では、インプラント治療には欠かせない高度医療機器を完備しています。特に歯科用CTは骨の中を3次元的に表現でき、骨の密度や骨の中にある神経の走行、骨の厚みなどを詳細に知ることができます。CTを活用することで、水平・垂直・斜めといった断面を自由に見る事ができ、より正確にインプラントの埋入位置を計画することが可能となります。
なお、CTがない場合はパノラマレントゲンのみでの検査となりますが、これだと平面的な解析のみのため、骨の厚みや高さなどが分からず、インプラントが安全に埋入できるかどうかのより正確な判断材料としては不十分と言えます。そのため、当院では精度の高いインプラント治療を行える歯科用CTを完備しています。

ノーベル社の
サージカルステントを
用いてリスクを軽減

インプラント治療は骨にインプラント体を埋め込む外科処置が必要となる治療法です。顎の骨の中にも神経などの大切な組織があるため、インプラント体を埋め込む時にはインプラント体を深く埋め込み過ぎないことが大切です。しかし骨の中を直接目で見て確認することは困難なため、当院では設定した深さ以上に骨を削ることができないようストッパーの役割を担うサージカルステントを用いてリスク軽減に努めています。サージカルステントは、インプラントの方向も誘導することができるため、治療計画通りの位置に最終的な被せ物を設定することが可能です。

骨不足などの難症例にも対応

インプラントは顎の骨に直接ネジ型のインプラント体を埋め込む処置のため、ある程度の骨の量が必要になります。しかし、歯がなくなってしまった部分の骨は痩せやすく、特に長期間放置されると骨の厚みがどんどんなくなってしまい、インプラント治療が難しくなってしまいます。当院ではそのような骨が少なくインプラントが難しい場合でも、骨造成という手法を用いて骨を増やし、インプラント治療を行うことが可能です。
上顎の骨が元々薄い場合や、歯の欠損によって骨や痩せてしまった場合など、幅広い症例を治療することができます。

インプラント周囲炎を
防ぐメンテナンス

インプラントは全てが人工物でできているため、虫歯になることはありませんが、メンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎という歯周病のような症状が表れることがあります。インプラントは天然歯よりもくびれが大きく汚れが着きやすい構造になっています。日々のお手入れも天然歯よりも難しく、清潔な状態を保つのは困難なため、数か月に1回のメンテナンスが必要です。当院ではメンテナンスに注力しており、歯科医師によるインプラントにゆるみなどがないか、噛み合わせに問題がないかなどのチェックや歯科衛生士によるクリーニングによってインプラントの維持に努めています。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識