NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラント治療でCTが必要なのはなぜ?その重要性を解説

■インプラント治療でCTが必要なのはなぜ?その重要性を解説

 

これまで大きな病気やケガをしたことがない人は、CT検査を受けるような機会もなかったことかと思います。それを歯科治療の一環で受けるとなると、それなりに不安や疑問を感じますよね。失った歯の治療であるインプラントでなぜCTによる検査が必要なのか。今回はそんなインプラントの精密検査の重要性について詳しく解説します。

 

▼インプラントは外科手術が必要な治療

 

虫歯や歯周病、入れ歯の治療でCT撮影を行うことはまずありません。これらの治療を行う上では、二次元(=平面)的な画像が得られるレントゲン撮影で十分だからです。一方、インプラントには顎の骨に人工歯根を埋め込む外科手術を伴うことから、二次元的な画像・情報では不十分と言わざるを得ないのです。全国の歯科医院の中には、CT撮影を行わずにインプラント治療を実施しているところもありますが、それはとてもリスクの高い手術といえます。なぜなら、レントゲンの画像では顎の骨の幅や奥行き、深さを正確に把握することは不可能だからです。

 

▼CT検査でわかること

 

CT検査を行うと、インプラントを埋め込む部分の顎の幅・奥行き・深さに加え、骨密度もある程度、評価することができます。長さが1センチ程度のチタン製のネジを埋め込んでも安全であるかを正しく評価できるのです。

 

また、顎には大切な血管や神経、インプラントを突き出してはいけない空洞などが存在しており、それらの位置関係も三次元的な画像・情報が得られるCTなら正確に把握できます。つまり、歯科用CTによる撮影というのは、インプラント治療の精度を向上させ、手術に伴うトラブルを回避する上で必須ともいえる検査なのです。

 

▼被ばく量は大丈夫?

 

レントゲン撮影と同様、CT撮影でもエックス線を使用することから、検査に伴う被ばくは避けられません。ただ、歯科用CTによる被ばく量というのは、病院で受けるCT撮影よりも被ばく量がかなり低くなっています。しかも、エックス線を照射する部位がお口の周りに限定されるため、年に数回撮影したとしても、健康被害が生じる恐れは限りなくゼロに近いです。もちろんそれは健康な人を前提とした話であり、今現在、放射線治療などを受けているようなケースでは、内科医と連携しながら検査や治療を進めていく必要があります。

 

▼まとめ

 

今回は、インプラント治療で歯科用CTによる精密検査が必要な理由について解説しました。歯科治療においてCT撮影を行うのは一部のケースに限られるため、戸惑うことも多いかもしれませんが、必ずデメリットよりもメリットの方が大きい場合にのみ実施されます。当院でも安全性を確保した上で治療上、必要と判断した場合のみ、歯科用CTによる精密検査をご案内しております。そんなインプラントの精密検査についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に香川県綾歌郡綾川町のにこにこ歯科までご相談ください。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識