NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラント手術後の生活で注意すべきこと

■インプラント手術後の生活で注意すべきこと

インプラントには一般的な歯科治療にはない「手術」を伴うため、日常生活にどのような影響があるのか不安に感じている方も多いことでしょう。そこで今回はインプラント手術後の生活で注意すべきことを詳しく解説します。

▼インプラント手術後のお口の状態

インプラント手術後は、お口の中に外傷を負った状態と同じです。標準的なインプラント治療では、傷口を塞いだ状態で手術を終えることから、お口の中は親知らずの抜歯を行ったケースに近いといえます。歯茎をメスで切開したり、顎の骨にドリルで穴を開けたりするため、術後は歯茎やその周囲がそれなりに腫れます。また、少なからず痛みや不快感を伴うため、腫れ止めや痛み止めのお薬が処方されます。その状態をイメージした上で、インプラント手術後の注意点を考えてみましょう。

▼全身の血行が良くなることは避ける

インプラント手術後しばらくは、全身の血行が良くなるような行動はとらないようにしてください。全身の血行が良くなると、傷口が開いて再び出血してしまいます。出血が止まらないと傷の治りも遅れてしまいますので、熱い湯船に浸かる、お酒を飲む、激しい運動をすることは控えましょう。喫煙も傷の治りを遅らせるため、原則として控えるようにしてください。

▼傷口を刺激しない

インプラントを埋めた部分は糸で縫合されていますが、刺激を加えると傷口が開きます。舌や歯ブラシなどで無暗に刺激すると、傷口が開くとともに、細菌感染を引き起こすリスクが上昇します。だからといって、歯磨きを一切行わないのは良くありません。口腔ケアを怠ると、お口の中で細菌や真菌が繁殖することで術後感染のリスクが高まります。ですから、インプラント手術後は傷口以外の部分の歯磨きをしっかり行うことが大切です。

当然ですが、食事の際にはインプラントを埋めた部分で噛まないようにしてください。また、熱いものや辛いものも傷口を刺激するので、インプラント手術を行ってしばらくは控えるようにしましょう。

▼お薬は歯科医師の指示通りに服用する

インプラント手術後には必ず腫れ止めや痛み止めのお薬が処方されますので、それらは歯科医師の指示通りに服用してください。とくに抗菌薬に関しては何ら症状が現れていなかったとしても、処方された分すべてを用法・用量を守った上で服用するよう指示されますので、その点はご注意ください。抗菌薬の適切な服用は、術後の感染症を防ぐ上で極めて重要です。

▼まとめ

今回は、インプラント手術後の生活で注意すべきことを詳しく解説しました。術後しばらくは日常生活に制限が加わりますが、1週間も経過すれば傷口も落ち着いてきますのでご安心ください。そんなインプラント手術について他にも不安なこと、疑問に思うことがあればいつでも「にこにこ歯科」までご相談ください。当院は香川県綾歌郡綾川町でインプラント治療を得意としている歯医者さんであり、いろいろな質問にお答えできます。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識