NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラントと医療費控除について

■インプラントと医療費控除について

 

インプラントはブリッジや入れ歯と比較しても、かなり寿命の長い装置といえます。お口全体の健康維持・増進にも寄与するため、インプラントを選択するメリットは非常に大きいのですが、治療費が少し高くなってしまう点に不安を感じている方も少なくありません。長い目で見れば生涯医療費の抑制につながるものの、やはり、短期的な出費を抑えることも重要ですよね。そんな方には「医療費控除」を是非とも利用していただきたいです。

 

▼インプラントは医療費控除の対象?

 

意外に知られていないのですが、インプラントは医療費控除の対象となっています。医療費控除というと何となく、保険診療で受けた治療が対象となりそうなものですが、実際はそうではありません。おそらく皆さんも身の回りでも歯列矯正を受けた方がいらっしゃるかと思いますが、その際に医療費控除を申請していることかと思います。つまり、医療費控除というのは保険診療だけでなく、インプラントや矯正治療といった自費診療にも適用される制度なのです。

 

▼審美目的のみの治療はNG

 

インプラントや歯列矯正であっても、美しさを向上させるためだけに行う治療は、医療費控除の対象とはなりませんのでご注意ください。ただ、インプラントの場合はほとんどのケースで見た目だけでなく、噛む機能まで回復させることを目的としており、医療費控除の対象外となることは稀であるといえるでしょう。とはいえ、インプラントを受ける場合もカウンセリングや治療相談の際に、医療費控除についてきちんと確認しておいた方が良いです。

 

▼そもそも医療費控除とは?

 

そもそも医療費控除とは、歯科に限定されたものではなく、医科で受けた治療も対象となります。1年間で支払った医療費の総額が10万円を超えた場合に申請することができ、所得などに応じて一定額の税金が還付されます。ですから、医療費控除の申請ではインプラントにかかった治療に加え、内科や耳鼻科などで支払った医療費も合算することが大切です。

 

▼過去に受けたインプラント治療も申請可能

 

医療費控除は最大で5年までさかのぼって申請することができます。ですから2~3年前にインプラント治療を受けた経験がある方は、今年度の確定申告で医療費控除を申請できます。ただ、その時支払った医療費の領収書やメモ書きなどがなければ、正確に申請することはできませんので、日ごろから医療費のレシートは捨てずにとっておくようにしましょう。通院にかかった交通費も公共交通機関を利用している場合は申請可能です。

 

▼まとめ

 

今回は、インプラントの医療費控除について解説しました。インプラントは1本あたり30~40万円かかる治療であり、単独でも医療費控除の申請対象となります。医療にかかる費用を少しでも軽減するために、インプラント治療を受けた際には医療費控除を申請することをおすすめします。そんなインプラントと医療費控除についてさらに詳しく知りたい方は、香川県綾歌郡でインプラント治療に力を入れている「にこにこ歯科」までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識