NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

歯が抜けたまま放置するリスク・危険性について

■歯が抜けたまま放置するリスク・危険性について

 

虫歯治療であれば、歯を削ってコンポジットレジンなどを詰めるだけで治せることも多いですが、歯が抜けた場合はそれなりに手間と時間、お金のかかる処置が必要となります。そのため歯が抜けたまま放置してしまう方もいらっしゃるのですが、それはとても危険なことなのでおすすめすることはできません。今回はそんな歯が抜けたまま放置するリスクと危険性について、対処法も含めて解説します。

 

▼歯並び・噛み合わせが悪くなります

 

歯が抜けた状態はとても不安定であり、そのすき間を埋めるように周りの歯が移動を始めます。両隣の歯はすき間に向かって倒れ込み、もともと噛み合っていた歯はすき間に向かって伸びてきます。その結果、歯並びが乱れて見た目が悪くなるだけでなく、噛み合わせまで乱れて、お口全体の健康に悪い影響を及ぼすようになるのです。

 

▼顎の骨が痩せていきます

 

私たちの骨は、使わなければどんどん痩せていきます。それは転倒で足の骨を折った時なども同様で、適度な刺激・圧力が加わっていないと自然に骨が吸収されていってしまうのです。しかも、歯を失った状態を放置していると、噛むときの筋肉も衰え、歯の欠損部に加えて、顎全体も衰えていってしまうことでしょう。

 

▼抜けた歯を補う治療の重要性

 

抜けた歯の治療法としては、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つが挙げられますが、どれを選択したとしても上述したリスク・危険性を抑えられることに変わりはありません。また、歯が抜けた部分に人工歯を配置するだけでも、審美性は大きく向上することでしょう。ちなみに、この3つの中でインプラントは少し特殊な治療法となっており、上述したリスク・危険性を最小限まで抑制することが可能です。

 

▼インプラントによって得られる効果・メリット

 

インプラントには顎の骨に埋め込む「人工歯根」がある点で、入れ歯・ブリッジと異なります。天然歯と同じような根っこがあるため、噛んだ時の力を顎の骨で受け止めることが可能で、硬いものや弾力のあるものでも問題なく噛めます。また、顎の骨が入れ歯やブリッジよりも痩せにくく、見た目も自然で美しいというメリットを伴います。そのため最近では抜けた歯の治療法としてインプラントを希望される方が非常に多くなってきています。当院では、入れ歯・ブリッジ・インプラントすべてに対応しておりますので、どれか迷っている方はいつでもお気軽にご相談ください。

 

▼まとめ

 

今回は、歯が抜けたまま放置するリスクと危険性について解説しました。歯が抜けた状態は歯磨きしやすく、お金もかからないのですが、全体の歯並び・噛み合わせが乱れたり、顎の骨が痩せていったりするリスクが大きく上昇する点にご注意ください。とはいえ、失った歯を長年放置してしまった場合でも、決して手遅れということはありません。今から治療を受けてもお口の健康を守ることは可能です。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識