NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違いについて

■インプラント・ブリッジ・入れ歯の違いについて

これから歯を抜く予定の方、もしくは歯周病や外傷などで歯を失った方は、何らかの方法で治療する必要があります。失った歯を補う「補綴治療(ほてつちりょう)」は、インプラントとブリッジ、入れ歯の3つに大きく分けることができるのですが、それぞれにどのような特徴や違いがあるのか気になりますよね。今回はそんなインプラント、ブリッジ、入れ歯の違いについてかんたんにご説明します。

 

▼人工歯根があるインプラント

インプラントには、その他の治療法にはない「人工歯根」が存在しています。失った歯を天然歯に近い状態で回復できるため、噛み心地が良く、見た目も自然で美しいです。また、残った歯を削ったりする必要もなく、お口全体の健康維持に大きく寄与するといえます。ただし、チタン製のネジである人工歯根を顎の骨に埋める手術が必要である点と、保険が適用されない点はデメリットとして捉えられます。

 

▼残った歯を支えとするブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支えとして装着する大きな差し歯です。支えとなる歯を削って、文字通り橋渡しするような被せ物を装着します。固定式の装置なので入れ歯よりも安定性に優れていますが、人工歯根はないので噛み心地はインプラントに劣ります。また、失った歯の部分の顎の骨は徐々に痩せていくというデメリットもあります。ただ、インプラントとは異なり、自費診療だけでなく保険診療という選択肢もあります。

 

▼自由に取り外せる入れ歯

入れ歯は、人工歯と歯茎を覆う義歯床(ぎししょう)から成る装置で、インプラントとブリッジとは違い「着脱式」です。患者様ご自身で自由に取り外せる点はメリットともいえるのですが、安定性に劣るため、しゃべったり、噛んだりした際にずれることが多々あります。また、人工歯根が存在していないので、噛んだ時の力が顎にしっかりとは伝わらず、顎骨が徐々に痩せていきます。入れ歯も自費診療と保険診療のどちらかを選択することが可能です。

 

▼どの治療法にするか迷っている方へ

上述したように、インプラントとブリッジ、入れ歯にはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあるため、どの治療法が最善であるかはケースによって変わります。ですから、失った歯の治療法で迷っている方は、一度にこにこ歯科クリニックまでご相談ください。当院ではすべての装置に対応しておりますので、患者様のお口の状態やご要望に合った治療法をご提案できるかと思います。

 

▼まとめ

今回は、失った歯の治療方法であるインプラントとブリッジ、入れ歯の違いについて解説しました。大まかな説明となっているため、わかりにくい点も多いかと思いますので、さらに詳しく知りたい方は香川県綾歌郡のにこにこ歯科までご連絡ください。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識