NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラントのサージカルガイドとは?

■インプラントのサージカルガイドとは?

インプラント治療では、一般の歯科治療では馴染みのない器具や装置を多用します。それは顎の骨にチタン製のネジを埋め込むという特殊な処置を伴うからです。その中でも特別といえるのが「サージカルガイド」と呼ばれる装置です。インプラント治療に関心のある方なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、詳細についてはご存じない方も多いことでしょう。

 

▼人工歯根を正確に埋めるための装置

サージカルガイドとは、顎の骨に人工歯根を埋め込む際に用いる装置です。その名の通り「ガイド」としての役割を果たしてくれます。具体的には、インプラントを埋め込む最適な位置や角度、深さなどが記録されており、手術当日はそれを口腔内に装着するだけで、人工歯根を正確に埋め込むことが可能となります。ちなみに、インプラントのサージカルガイドはマウスピースのような形をしています。

 

▼歯科用CTによる検査と専用のシミュレーションソフトが必須

インプラントのサージカルガイドを作るためには、歯科用CTによる精密検査とコンピューター上でのデジタルシミュレーションが必須となっています。ですから、サージカルガイドを活用したインプラント治療は、そうした機器やソフトが導入されている歯科医院でなければ実施することが不可能といえます。

 

▼サージカルガイドを活用するメリット

インプラント治療でサージカルガイドを活用すると、次に挙げるようなメリットが得られます。

 

◎手術の精度が向上する

従来のインプラント治療では、人工歯根を埋め込む位置や角度、深さなどはある程度、歯科医師の技量や経験に左右される部分がありました。精密な診断を下し、適切な治療計画を立案していたとしても、手術当日に手元が狂ってしまうと、重要な血管や神経を損傷するリスクがあります。サージカルガイドは、インプラントの埋入方向や位置を正しい方向へと誘導してくれるため、医療事故のリスクを最小限に抑えられます。

 

◎歯茎を大きく切らなくて良い

標準的なインプラント手術では、歯茎を大きく切って術野を見やすくする必要があります。術後は傷口をしっかり縫合するものの、患者様の心身にかかる負担はやや大きくなります。その点、サージカルガイドを用いたインプラント手術では、歯茎を大きく切開する必要はありません。人工歯根を通す部分だけ、歯茎に穴をあけることになるので、傷の治りも比較的早いです。

 

▼まとめ

今回は、インプラントのサージカルガイドについて解説しました。人工歯根の埋入手術でしか用いられない装置なので、製作過程から使用目的までかなり特殊なものとなっています。そんなサージカルガイドを活用したインプラント治療に興味がある方は、香川県綾歌郡のにこにこ歯科までご相談ください。当院はインプラント治療に力を入れている歯医者さんです。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識