NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

失った歯を保険治療で治す方法について

■失った歯を保険治療で治す方法について

 

歯科治療というと、詰め物や被せ物治療を思い浮かべるかと思いますが、歯を丸ごと1本失った場合は、治療法が大きく変わります。とくに保険診療で失った歯の治療を行う場合は、原則的にブリッジか入れ歯のどちらかを選択しなければなりません。今回はそんな失った歯を保険診療で治す方法について詳しく解説します。

 

▼失った歯を補う治療

 

歯を丸ごと1本失った場合に行う治療を「欠損補綴(けっそんほてつ)」といいます。歯列内の欠損部を人工の装置で補う治療で、保険と自費を問わない場合は、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つの選択肢が上がりますが、保険診療となるとブリッジ・入れ歯の2択となる点にご注意ください。

 

▼ブリッジについて

 

ブリッジとは、失った歯の部分にポンティックという歯(しかん)の部分だけで構成された人工歯を配置する治療法です。インプラントのような人工歯根はないため、人工歯が歯茎の上に乗っかる形となります。ただ、それだけでは歯列内に固定することができないので、欠損部の両隣の歯を大きく削って被せ物を装着し、ポンティックと連結することで人工歯としての機能を持たせます。ですから、イメージとしては被せ物がいくつか連結された装置なのですが、噛んだ時の力は支えとなっている歯にかかります。

 

▼入れ歯について

 

入れ歯とは、人工歯と歯茎を覆うピンク色の義歯床(ぎししょう)からなる装置で、保険診療の場合はレジンという歯科用プラスチックしか使用することができません。部分入れ歯には、残った歯に引っ掛ける金属製のクラスプが付随することから、見た目や装着感があまり良くありません。何より着脱式の装置であり、残った歯に引っ掛けたり、粘膜に吸着させたりして固定することになるので、安定性も良くないのが難点です。当然ですが人工歯根はありません。

 

▼第3の選択肢としてインプラント

 

今回ご紹介したのは保険診療で作ることができるブリッジと入れ歯です。費用が安い分、デメリットに感じる部分も大きいので、最近では失った歯の治療としてインプラントを選択する人も増えてきています。もちろん、インプラントがすべてにおいて優れた治療法というわけではありませんが、失った歯の治療法の第3の選択肢として検討するのも良いかもしれません。当院はブリッジ・入れ歯・インプラントのすべてに対応しており、患者様のご要望に沿った治療法を提案することが可能です。

 

 

▼まとめ

 

このように、失った歯の治療を保険診療で行う場合は、ブリッジか入れ歯を選択することになります。保険診療では厳しい制約がかかるため、審美性や機能性、耐久性を追求することが不可能となっており、装置を装着してから「インプラントにしておけば良かった」と後悔される方も珍しくありませんので、今現在、欠損補綴の治療を検討中の方は慎重に選択することをおすすめします。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識