NICONICO DENTAL CLINIC IMPLANT SITE

TIPS インプラント豆知識

インプラント治療に痛みはある?痛みを抑える方法は?

■インプラント治療に痛みはある?痛みを抑える方法は?

 

誰しも一度は、歯医者さんで痛い思いをしたことがあることでしょう。歯や歯茎、お口の粘膜というのはとても敏感な組織で、日常生活でも刺激を受けることはほとんどないことから、歯科治療に対して過剰な恐怖心を抱いてしまう気持ちもよくわかります。とくにインプラントとなると、治療に伴う痛みが心配になるのは当然です。今回はそんなインプラント治療では、どれくらいの痛み・どのような痛みを伴い、それらを抑えることは可能なのかどうかをわかりやすく解説します。

 

▼極端に強い痛みを感じることはありません

 

結論からいうと、インプラント治療だからといって極端に強い痛みを感じることはありません。正しい診断を下し、きちんとした技術と知識を持った歯科医師が適正な方法で手術すれば、痛みもほとんど伴いませんのでご安心ください。ただ、インプラント治療には顎の骨にドリルで穴を開けるような処置を伴うため、それほど痛くないといわれてもにわかに信じがたいですよね。

 

▼インプラント治療がそれほど痛くない理由

 

インプラントで極端に強い痛みが伴わない理由は次の通りです。

 

◎手術中は麻酔が効いている

 

インプラントの埋入手術を行う際には必ず「局所麻酔」を実施します。インプラントを埋め込む部分の感覚が麻痺することで、メスによる歯茎の切開やドリルによる穴開けを行っても痛いと感じることはなくなります。

 

◎術後は痛み止め・腫れ止めが処方される

 

手術前にかけた麻酔は、手術後しばらくして効果が切れます。その際、何もしていないと痛みが出てきますが、インプラント治療では必ず術後に痛み止めや腫れ止め、抗菌薬が処方されますので、それらを歯科医師の指示通りに服用するようにしましょう。そうすれば麻酔が切れた後も極端に強い痛みが生じることなく、日常生活への支障も最小限に抑えられます。

 

▼インプラントの痛みはどのくらい?

 

痛みへの感受性には個人差があり、インプラント治療でどのくらいの痛みを伴うのかは一概に語れません。ただ、適切な手順・方法で行われたインプラント手術であれば、親知らずを抜歯した時に近いような痛みを伴うことが多いです。術後も腫れもそれなりに認められますが1週間もすれば症状は落ち着いてきます。

 

▼インプラント治療の痛みを抑える方法

 

インプラント治療の痛みを抑える上で最も重要なのは、インプラントの実績豊富な歯医者さんに治療をお願いすることです。インプラント治療の経験が浅い歯医者さんだと、検査や診断に不備が生じたり、手術でミスをする可能性が高まったりするからです。その点も踏まえた上で歯医者さんを選ぶことをおすすめします。

 

▼まとめ

 

今回は、インプラント治療に伴う痛みについて解説しました。インプラントは外科手術を伴う特殊な治療ですが、適正な方法で行っていれば極端に痛い思いをすることはありません。そんな痛みの少ないインプラント治療がお望みであれば、香川県綾歌郡綾川町のにこにこ歯科までご相談ください。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

087-876-3121

【診療時間】月〜土 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

タップで電話する アクセス 無料メール相談 インプラント豆知識